ワカサギ

相模湖の風物詩、ワカサギ釣り

相模湖の風物詩であるワカサギ釣りは、例年秋のお彼岸から翌年春のお彼岸まで楽しめます。柴田では、天水ワンド入口から、国道下を経て奥の沢までの間にボートを係留し、モーターボートでお客様を送迎して釣りを楽しんでいただくシステムをとっています。この一帯はワカサギの回遊ルートにあたり、その日の状況に合わせてより釣果の望めるポイントへご案内致しております。

ボート料金
1人乗り 3,000円 2人乗り 4,500円
 ◆小学生以下のお客様は500円割引
大型船3〜10人乗り お1人さま2,000円

【初めてのワカサギ釣り 良くあるご質問】
Q. どんな竿がいいの?
A. 穴釣りやドーム船で使う短い竿ですと効率が悪くなります。
  初心者の方は1.5〜2m前後の竿が使い易いです。
  磯竿の小物用(錘負荷2号前後)やトラウト用などの柔らかめのルアーロッドがおすすめです。
  無料レンタル竿もありますが数に限りがありますのでご了承下さい(仕掛け・エサは有料です)

Q. 仕掛けやエサは用意した方がいいの?
A. 当店ではオリジナル仕掛けを「がまかつ」に特注し、販売しております。
  一般的な仕掛けと比べて鈎数や長さを相模湖用にしてありますので釣果にも差が出ます。
  エサも当店に常備してありますのでご安心下さい。

Q. たくさん竿を出さないと釣れないの?
A. 慣れないうちは1本竿でこまめに誘いをかけた方が効率よく釣りが出来ます。

Q. ワカサギって真冬に氷の上で釣るんじゃないの?
A. 相模湖は結氷しませんのでボートからの釣りになります。
  シーズンは秋のお彼岸から春のお彼岸くらいまで、秋口から寒くなるまでが数釣りのチャンスです。


2007年10月21日
相模原市 西山好隆 1360匹 3280g

仕掛け図

ワカサギは、群れで回遊しており、水温や水況によってタナが上下します。竿を多く出し少しずつタナをかえて探ることでその日の状況にあったタナを効率よく釣ることができます。タナの上下幅が広いので、長仕掛け・長竿を使用したほうが釣果・効率ともに有利です。
相模湖のワカサギ釣りは、穴釣りや水深の浅い湖のワカサギ釣りと道具・仕掛けともに違った点が多いのでご注意下さい。

当店にて販売しております

3.0m・4.5m 各3500円

ワカサギ用リール竿

3.6m 2000円

ワカサギ用リール竿

1000円

ワカサギ仕掛け

200円

赤ムシ

150円

紅サシ

つり船柴田・相模湖オリジナル仕掛け(がまかつ製)

【つり船柴田 オリジナルワカサギ仕掛け】
 左:がまかつ製・3号10本鈎・2.2m
 右:がまかつ製・3号15本鈎・3.2m
 2個1,000円(1個500円)
 桟橋にて販売しています

天水から国道下にかけて繋留されたボート 天水から国道下にかけて繋留されたボート
仲間と楽しく 仲間と楽しく
鈴なり! 鈴なり!
長竿を数多く使用することが好釣果への近道 長竿を数多く使用することが好釣果への近道